• TOP
  • 住宅ローンのリスケ

住宅ローンのリスケ

住宅ローンを組んだ時と比べて、所有者の収入状況や、市場の金利状況は変わっていることが考えられるため、住宅ローンの見直しは定期的に必要です。
例えば、子供が独立して教育負担が減り、ローンの負担が軽くなったという方もいれば、給料カット等により収入が減少しローンの負担が重くなったという方もいるでしょう。
しかし、現在の日本の景況悪化により見直しを考え始める方の多くは後者です。住宅ローンの負担が家計に重くのしかかってきた、どうにかしてほしい。というようなご相談が急増しています。
MP900406824.JPG

そのような方のために住宅ローンの見直しについてどのような方法があるのか、どのようなメリットがあるのかをここで少し説明させていただきたいと思います。住宅ローンの見直し方法には、主に「借換え」、「繰上げ返済」、「返済方法の変更」があります。
 

(1)借換え

借換えとは現在のローンを一括返済するために新しくローンを組むことを言います。現在組んでいる住宅ローンより、低金利なものや個々の条件にあったローンで元のローンを一括返済し、今後は新しく組んだローンを返済していきます。

一般的には固定金利で高金利なローンを低金利のローンに借換えることが多いですが、金利の上昇局面では、変動金利のものを固定金利のものに借換える場合もあります。しかし、ただ借換えを行っても元のローンより増えてしまっては逆効果です。

金融機関によっては担保評価次第で融資を受けられないこともあります。(担保割れの場合でも融資に応じる金融機関もありますので複数の金融機関に確認することが必要となります。)また、借換えの場合には新規に融資を受けるときと同じように保証料などの諸費用がかかるためこの点も注意が必要です。
 

(2)繰上げ返済

繰り上げ返済とは、通常の返済とは別に、返済しているローンの元金の一部または全部を返済することをいいます。このように聞くと資金に余裕のある場合しかメリットはないのではないか、と思われる方も多いでしょう。

繰り上げ返済には「期間短縮型」「返済額軽減型」の2つのタイプがあります。「期間短縮型」毎回の返済額は変えずに、残りの返済期間を軽減する方法です。こちらは皆様が思われた通り、資金に余裕が出来た方向けの方法なのでここでは説明を省かせていただきます。

もう一方の「返済額軽減型」は、残りの返済期間は変えずに、毎回の返済額を軽減する方法です。家計が苦しくなり、住宅ローンの負担を少しでも減らしたい方におすすめの方法です。

近年、預貯金の金利があまりに低いため、預貯金で運用するよりもローンの操り上げ返済をするほうが効果的な場合があります。しかし、「返済額軽減型」は、繰り上げ後のローンの残高、その時点での適用金利、残りの返済期間、の3つの要素から、繰り上げ後の返済額が計算されますが、変動金利の場合は繰り上げ時の金利水準によっては、返済額がほとんど減らない場合があるので注意が必要です。また、繰り上げ返済を行う時期によってもその効果が大きく変わってきてしまいます。
 

(3)返済方法の変更

借換えは諸経費がかかるし、繰上げ返済はある程度まとまった資金が必要だし…と、効果よりもまずは目先の住宅ローンの負担を減らすことだけを一番に考えたい。という方には現在の住宅ローンの返済方法の変更をおすすめします。景気の悪化からこのような悩みを持つ方が増えてきていることもあり、最近では金融機関側も対応策を考えているようです。

例えば、認められれば返済方法も“毎月払いとボーナス払いの併用”から“毎月払いのみ”への変更や、“元金均等返済”から“元利均等返済”への変更も可能です。また、倒産や失業などにより、住宅ローンの返済が難しくなった場合には“返済期間の延長”や“一定期間における返済額の減額”が認められる場合もあります。

この対応は、融資を受けた金融機関ごとに異なるため金融機関への確認が必要となります。以上が住宅ローンの見直しを考えたときに検討すべき方法ですが、どの方法も注意すべき点はいくつもあり、何が最善の策なのかは、各人の収入状況や、ローン残高等によって異なります。知識のないまま、新たにローンを組むことや一部繰上げ返済を行う事に大きな不安を感じる方も多いかと思います。
 

そのような方は、是非一度ご相談ください。より負担を軽くし有利になる方法を専門家の目線からアドバイスさせていただきます。

住宅ローンの問題について詳しく!

■住宅ローンのリスケ ■住宅ローンの滞納 ■任意売却 ■競売
■任意整理 ■過払い金請求 ■自己破産 ■個人再生

 


事務所トピックス
お客様の声をご紹介しています(随時更新)
解決事例をご紹介しています(随時更新)
相談実績
相談票はこちら

名古屋総合法律事務所のご紹介

弁護士法人 名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階
相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

ご相談専用0120-758-352|TEL052-231-2601|FAX052-231-2602

対応マップ
より良いサービスのご提供のため、取扱案件の対応エリアは、下記の地域とその周辺地域に限定させていただきます。
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

Copyright ©弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All Rights Reserved
運営管理:弁護士法人 名古屋総合法律事務所 所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352

■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産
■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)