• TOP
  • 任意整理

任意整理 (初回相談は無料です)

費用

費用一覧 1社あたり
着手金 弁護士報酬金
2万円 分割払い可 2万円 分割払い可
減額報酬は頂きません。

任意整理とは

誰にも知られずに借金を整理しましょう!

誰にも知られず借金を整理するという理想的な方法があります。それは任意整理という方法です。任意整理の最大の特徴は、 国に記録が残らないということです。任意整理は裁判所を利用しない手続きであるためです。

相談相手の弁護士は守秘義務がありますので、誰かに話すということは絶対にありません。
 
また、弁護士に代理人となってもらって借金を減らし無利息で返済する手続きですので、依頼者様の手間はそれ程かかりません。任意整理は整理したい借金だけを整理できますので、例えばクレジットカードとサラ金から借り入れがあり、サラ金だけを任意整理するということが可能になります。
 
誰にも知られずに、整理したい借金だけを整理したいという方には最適な方法です。

当事務所は 債務整理に関するご相談は初回に限り無料で承っております。
一人一人に最適なアドバイスをさせていただくために、細かくヒアリングをさせていただきます。
お気軽に当事務所にご相談ください。
 

任意整理の流れ

(1)債権者に受任通知書を発送
通知が届けば、請求が止まります
図2.png
(2)債権の調査
弁護士がこれまでの取引経過を取寄せます
図2.png
(3)債務の確定
まず過去の取引内容を10年以上前に遡って、利息制限法に基づき、引き直し計算をして正しい借金の額を計算し直します(引き直し計算)
図2.png
(4)弁済案の作成
債権者との交渉がまとまりやすいよう、事前に方針を決めておきます
図2.png
(5)債権者との交渉
弁護士が交渉に入ります
図2.png
(6)返済開始
交渉がまとまれば、和解書を作成した上で、弁済がスタートします

任意整理のメリット

誰にも知られずに借金が減額できる。
払い過ぎていたお金(過払い金)を取り戻せる場合がある。
弁護士に依頼した後は、各債権者からの取立てが止まる。
一部の借金のみを整理することもできる。

業者との話し合いで手続が進むため、自己破産や個人再生のように官報に載ることがない。
自己破産のように各種の資格制限がない。
裁判所を使わないので、呼び出しなどの時間的な拘束は少ない。
利息や遅延損害金がつかなくなるため、借金がこれ以上増える心配がない
 

任意整理のデメリット

×ブラックリストに載ってしまうため、数年間は新たな借金やクレジットカードを作ることができない。
※実際には3ヶ月以上返済が滞っている場合は、既にブラックリストに登録されている可能性があります。

根本的な解決をするには、債務整理が有効です。
 

債務整理に関する初回相談無料

当事務所は債務整理に関するご相談は初回に限り無料で承っております。
一人一人に最適なアドバイスをさせていただくために、細かくヒアリングをさせていただきます。
お気軽に当事務所にご相談ください。
 

その他、住宅ローン・不動産についてはこちら!

◆任意売却
任意売却とは、住宅ローンなどの融資の返済が難しくなった場合に、融資を受けている人と金融機関との合意に基づいて不動産を売却する手続きです。
詳しくはこちら

◆競売
競売とは、住宅ローンなどの返済が困難になった場合、金融機関等の債権者が担保としていた不動産の強制売却を裁判所に申立を行い、裁判所がその不動産を売却することです。
詳しくはこちら

◆任意整理
誰にも知られず借金を整理しましょう!任意整理は、国に記録が残らない、裁判所を利用しない手続きです。
詳しくはこちら

◆過払い金請求
まず、過払い金がある貸金業者(サラ金、クレジットカード会社)に対しては、過払い金返還請求をすることにより借金を0円にすることができます。さらに、過払い金の返還を受けることもできます。一気にすべての借金問題を解決しましょう!
詳しくはこちら

◆自己破産
自己破産は、国が法律で認めた借金を事実上ゼロにするという制度です。経済的に破たんして、払わなければならない借金が払えなくなってしまった人が自ら破産の申し立てをすることを言います。
詳しくはこちら

◆個人再生
個人再生とは、裁判所の監督のもとに、債務の支払を停止したうえで、債務の一部免除や長期の弁済条件などを盛り込んだ再生計画に基づき返済していく制度です。住宅ローンの返済に困ったら、マイホームを守る個人再生を行いましょう!
詳しくはこちら

住宅ローンの問題について詳しく!

■住宅ローンのリスケ ■住宅ローンの滞納 ■任意売却 ■競売
■任意整理 ■過払い金請求 ■自己破産 ■個人再生

 


事務所トピックス
お客様の声をご紹介しています(随時更新)
解決事例をご紹介しています(随時更新)
相談実績
相談票はこちら

名古屋総合法律事務所のご紹介

弁護士法人 名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階
相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

ご相談専用0120-758-352|TEL052-231-2601|FAX052-231-2602

対応マップ
より良いサービスのご提供のため、取扱案件の対応エリアは、下記の地域とその周辺地域に限定させていただきます。
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

Copyright ©弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All Rights Reserved
運営管理:弁護士法人 名古屋総合法律事務所 所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352

■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産
■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)