• TOP
  • オーバーローンと抵当権

オーバーローンと抵当権

オーバーローン(担保割れ)等の場合における関係者による住宅の取得

(1)抵当権消滅請求(民法379条)を使用して、親族などの関係者に譲渡したうえで、抵当権を消滅させる。
 
(2)自己破産して破産管財人から親族などの関係者が買い受ける。
 
(3)競売手続の中で親族などの関係者に競落してもらう。
378_sakae0203.png
 

抵当権消滅請求制度の概要

民法378条以下に、抵当権消滅請求手続が規定されています。これは、強制的に抵当権を抹消させることにより不動産の有効利用を図るための制度です。もちろん、抵当権者の同意を得て行う、任意売却の手続が好ましいのですが、売却価格その他の事情で任意売却が困難な場合には、有力な手段となります。
 

抵当権消滅請求とは、抵当権の目的となっている不動産を買い受けた者(抵当不動産の第三取得者)が、抵当権の実行としての差押えの効力が発生する前に抵当権の消滅を請求することをいいます(民法379条)。具体的には、第三取得者が、抵当権登記をしたすべての債権者に当該不動産の代価を記載した書面を送付し(同法383条)、そのすべての債権者がそれを承諾すれば、第三取得者がその代価を支払または供託したときに抵当権が消滅します(同法386条)。しかし、債権者が承諾しないときは、抵当権消滅請求の書面の送付を受けたときから2か月以内に抵当権を実行して競売の申立をする必要があります。もしこの期間内に実行しないときは、抵当権者は抵当権消滅請求を受諾したものとみなされます(同法384条1号)。
 

抵当権消滅請求手続き

1)抵当物件の買い主を探す(もちろん、抵当権消滅請求手続を理解してもらう必要がある)。
      図2.png
2)買い主への所有権移転登記を行う(民法378条)。
      図2.png
3)全抵当権者に、抵当権消滅請求通知の内容証明を発送する(民法383条)。
      図2.png
4)2ヶ月以内に競売の申立がなければ抵当権の効力が消滅する(民法384条)。
      図2.png
5)抵当不動産の評価額を抵当権者に支払うか、受け取りを拒絶した場合は法務局に供託する。
      図2.png
6)登記の抹消のために、抵当権者と話し合うか、抵当権抹消登記請求訴訟を提起する。
      図2.png
7)買い主は、抵当権登記の抹消された所有権を取得できる。
 
※平成16年3月までは滌除制度で、4)の競売申立が増加競売の申立とされていました。増加競売の申立には、通常の競売申立予納金の他に抵当不動産の評価額の1割増(110%)の保証金の積立が必要(民事執行法186条=現在は削除)とされ、抵当権者としては増加競売でお金を受け取るために、逆にお金を用意しなければならないという、極めて厳しい条件になっていましたが、法改正により通常の競売申立となりました。
 

抵当権消滅手続きの特徴

①抵当不動産の評価額を用意できれば、確実に抵当権を抹消できる。
②抵当不動産の評価額の提供が抵当権登記抹消の前に必要なので、銀行の融資が事実上困難です。
③根抵当権は、民法398条の22(根抵当権の消滅請求)で消すこともできます。
④抵当権消滅請求手続を活用すれば、担保割れした物件でも処分することができます。

1.抵当権消滅請求

抵当不動産の所有権を取得した第三取得者は、登記をしたすべての抵当権者に対し、民法383条の規定による書面を送付することにより、抵当権消滅請求をすることができます(民法378条・383条)。この抵当権消滅請求は、抵当権の実行としての競売による差押えの効力が発生するまでの間、いつでも行うことができます(民法382条)。
 

2.抵当権者の対抗措置

抵当権消滅請求がなされた場合、これを受けた抵当権者としては、第三取得者の申出額で抵当権を消滅させることの諾否を検討することになります。この検討期間は、抵当権消滅請求を受けたときから2ヶ月間です(民法384条1号・385条)。そして、この2ヶ月の間にすべての抵当権者がこの申出額を承諾して、第三取得者から申出額相当額を受領するなどすれば、抵当権は消滅します(民法386条)。
 
これに対し、抵当権者が、第三取得者の申出額を承諾しないときは、抵当権者は、抵当権消滅請求に対する対抗措置として、抵当不動産につき競売申立をすることができます(民法384条1号・385条)。この競売申立は、抵当権消滅請求を受けたときから2ヶ月以内であれば足ります(同条)。なお、この場合の競売申立は、抵当権消滅請求を受けた場合の対抗措置として行われるものですので、被担保債権の債務不履行は要件となりません。そこで、この競売申立の際には、抵当権消滅請求を受けて法定の2ヶ月の期間内に申立をするものであることを明示することになります。この点は通常の競売申立と異なる点で、留意が必要でしょう。
 

3.抵当権者が承諾も競売申立もしなかった場合

抵当権者が、抵当権消滅請求を受けて2ヶ月の間に、第三取得者の申出額に対し承諾をせず、かつ、対抗措置としての競売申立もしなかった場合は、抵当権者が第三取得者の申出額を承諾したものとみなされます(民法384条1号)。
 

住宅ローンについてはこちらのページへ!

◆住宅ローンのリスケ
住宅ローンの見直しは定期的に必要です!ローン返済の方法には、主に「借換え」、「繰上げ返済」、「返済方法の変更」があります。それぞれのメリット・デメリットを含め、説明します!
詳しくはこちら

◆住宅ローンの滞納
住宅ローンを滞納してしまうと、延滞解消の督促状やさらには放置しすぎると裁判所から競売開始の通知書が届きます。方法として、「住宅の任意売却」、「住宅の競売申立」、「個人再生申立」があります。
3つについて簡単に説明します!
詳しくはこちら

◆住宅ローンの返済
住宅ローンは、リーマンショックやデフレ不況によって相談される方が増えてきています。まず、マイホームを手放さずにローン返済ができるよう、住宅ローン・支出削減・収入を見直してみましょう。
詳しくはこちら

◆住宅ローンと抵当権取引
抵当権とは、住宅ローンなどでお金を借りたときに、家と土地をその担保として確保する権利です。住宅ローンが支払いができなくなった際、抵当権からマイホームを守りましょう!
詳しくはこちら

◆住宅ローンと離婚
離婚の場合、住宅ローンなどのマイナスの財産も財産分与の対象となります!ローンの負担付で住居を取得する場合に必要となる名義変更も、銀行への申し出が必要です。
詳しくはこちら

その他、住宅ローン・不動産についてはこちら!

◆任意売却
任意売却とは、住宅ローンなどの融資の返済が難しくなった場合に、融資を受けている人と金融機関との合意に基づいて不動産を売却する手続きです。
詳しくはこちら

◆競売
競売とは、住宅ローンなどの返済が困難になった場合、金融機関等の債権者が担保としていた不動産の強制売却を裁判所に申立を行い、裁判所がその不動産を売却することです。
詳しくはこちら

◆任意整理
誰にも知られず借金を整理しましょう!任意整理は、国に記録が残らない、裁判所を利用しない手続きです。
詳しくはこちら

◆過払い金請求
まず、過払い金がある貸金業者(サラ金、クレジットカード会社)に対しては、過払い金返還請求をすることにより借金を0円にすることができます。さらに、過払い金の返還を受けることもできます。一気にすべての借金問題を解決しましょう!
詳しくはこちら

◆自己破産
自己破産は、国が法律で認めた借金を事実上ゼロにするという制度です。経済的に破たんして、払わなければならない借金が払えなくなってしまった人が自ら破産の申し立てをすることを言います。 →詳しくはこちら

◆個人再生
個人再生とは、裁判所の監督のもとに、債務の支払を停止したうえで、債務の一部免除や長期の弁済条件などを盛り込んだ再生計画に基づき返済していく制度です。住宅ローンの返済に困ったら、マイホームを守る個人再生を行いましょう!
詳しくはこちら
事務所トピックス
お客様の声をご紹介しています(随時更新)
解決事例をご紹介しています(随時更新)
相談実績
相談票はこちら

名古屋総合法律事務所のご紹介

弁護士法人 名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階
相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

ご相談専用0120-758-352|TEL052-231-2601|FAX052-231-2602

対応マップ
より良いサービスのご提供のため、取扱案件の対応エリアは、下記の地域とその周辺地域に限定させていただきます。
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

Copyright ©弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All Rights Reserved
運営管理:弁護士法人 名古屋総合法律事務所 所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352

■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産
■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)