• TOP
  • 弁護士と司法書士の違い

 弁護士と司法書士の違い

「弁護士事務所も司法書士事務所も借金の問題解決してくれるけど、どちらに相談したら良いのか・・・」

といった声をよく聞きます。ここでは、弁護士と司法書士の違いについて簡単に説明させていただきます。
正面写真

司法書士には、裁判所に提出する書類(破産免責申立書、個人民事再生手続開始申立書)の作成と、そのための相談業務が認められています。また、いわゆる認定司法書士には、これに加えて140万円を超えない事件(いわゆる簡裁事件)についての訴訟代理(但し、控訴等上訴提起の代理権は認められていません)、和解交渉の代理、そのための相談業務が認められています。
 

●交渉代理権

借金の金額が140万円を超える場合、法律上、認定司法書士には交渉代理権がありません。借金の金額が140万円を超える場合には、弁護士へ依頼することが確実だといえます。借金の整理の方法によって注意する点が異なります。詳細は下記をご覧下さい。


【任意整理の場合】

借金の総額が140万円以下で任意整理を依頼する場合や140万円以下の過払い金の回収を依頼する場合には、司法書士にも交渉権が認められています。ただし、140万円以下か否かは債権者毎ではなく、すべての債権者の総債権額で判断されます。借入が複数あり、借金の総額が140万円を超える場合や、過払い金と借金の総額が140万円を超える場合は、認定司法書士に交渉代理権はありません。


【自己破産・民事再生の場合】

自己破産や民事再生は、地方裁判所に申立を行う必要があることから、司法書士には訴訟代理権がなく、司法書士は書類の作成のみを担当します。つまり、司法書士に依頼した場合には、あくまで本人が申し立てたことになりますので、本人は裁判所との複雑な対応を種々要求されるうえ、借金の総額が140万円を超えるほとんどの事案では、書類作成権限しかない司法書士では、認定司法書士であっても破産手続をしていることをもって債権者に対抗(対応)することができません。
 

●破産申立代理権、民事再生申立代理権

司法書士は代理人とはなれないということです。

地方裁判所を管轄とする自己破産・民事再生(住宅を守るための再生等)に関しては司法書士は申立代理権がないため、複雑な手続きを代行することができません。自己破産や民事再生といった裁判所への相当の書類を提出して申立を行う必要がありますが、司法書士は代理権が無く、書類作成のみを担当しますので、依頼者様ご本人は裁判所との煩雑なやり取りを全て対応しなければなりません。

また、例えば、個人の資産総額が40万円以上の場合は、管財事件となり破産管財人が選任されます。この場合、個人の自己破産で弁護士が代理人につかない本人申立の場合には、裁判所へ支払う予納金は最低でも 40万円以上となり、手続も複雑になります。一方、弁護士が代理人についている場合には、少額管財手続となり予納金は20万円で済み、手続も簡略化されます。そのため、裁判所に対する破産申立、個人民事再生手続開始申立のほとんどが弁護士代理によってなされております。
 

●訴訟代理権

訴訟の目的物の価額(訴額)が140万円を超えない簡易裁判所の事件の場合には、弁護士以外にもいわゆる認定司法書士や裁判所の許可を受けた者も訴訟代理人となることができます。しかし、訴訟の目的物の価額(訴額)が140万円を超える地方裁判所の事件では、弁護士でなければ訴訟代理人になることはできません。

弁護士に依頼しなければ、地方裁判所に過払い金返還請求訴訟を提起した場合に本人が裁判所に出廷して、裁判をおこなわなければなりません。また、140万円以内の事件で簡易裁判所において認定司法書士や裁判所の許可を受けた者を訴訟代理人とした場合でも判決が出され、上訴がなされた場合には、上訴審では本人が裁判所に出廷する必要があります。このように過払い金返還請求訴訟においてもあらゆる場面で安心して対応できるのは弁護士であると考えられます。
 

結論

そのような権限の違いからか、具体的案件での個人民事再生及び自己破産の是非を検討しないで債務整理を勧めるものもありますが、個人民事再生は、破産を回避しまた住宅を確保することが可能な場合がありますし、一方自己破産は、任意整理と比べて借金の全額を免除できる債務者の経済的再生には極めて強力な手段であり、各制度を充分に理解せずに最初から個人民事再生と自己破産を選択肢から除外するのは、経済的再生の失敗率を増加させてしまう可能性があります。

本来、すべての手続の長所・短所を理解したうえで具体的案件での是非を比較し、最も合理的な手続を選択すべきであり、そのためにも任意整理、個人再生、過払い金返還請求訴訟、自己破産においてすべての代理権を有している弁護士に相談することをお勧めします。
 

名古屋総合法律事務所について詳しく!

■事務所案内 ■弁護士紹介 ■事務員紹介
■アクセス ■料金・費用 ■ブログ

 


事務所トピックス
お客様の声をご紹介しています(随時更新)
解決事例をご紹介しています(随時更新)
相談実績
相談票はこちら

名古屋総合法律事務所のご紹介

弁護士法人 名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階
相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

ご相談専用0120-758-352|TEL052-231-2601|FAX052-231-2602

対応マップ
より良いサービスのご提供のため、取扱案件の対応エリアは、下記の地域とその周辺地域に限定させていただきます。
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

Copyright ©弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All Rights Reserved
運営管理:弁護士法人 名古屋総合法律事務所 所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352

■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産
■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)