• TOP
  • ご相談から解決まで

ご相談から解決までの流れ

(1)まずはお気軽にご連絡ください

お気軽にご連絡ください

相談時間 平日9:00~18:30
  夜間相談(毎週火・水曜日) 17:30~21:00
  土曜相談(毎週土曜日) 9:30~17:00

親切丁寧に対応させていただきます。

相談受付の際には、現在の返済ローン・借金の状況(債務総額・業者の数等)をお尋ねさせていただきます。

初めての方専用フリーダイヤル
  0120-758-352

予約受付時間
  平日・土日祝 6:00~22:00

 メールの場合はこちらのフォームをご利用ください。

<ご相談をキャンセルされる場合>

一人でも多くの方のご相談にご対応させていただくため、ご相談のキャンセル、日程変更につきましては、ご相談日前日の13時までにお願い致します。
※ご相談日前日が休日の場合は、直前営業日の13時までにご連絡をお願い致します。
例)ご相談日が月曜日の場合:前週土曜日の13時まで
ご連絡なくキャンセルされた場合は、再度ご相談の予約をお受けすることはできません。
予めご了承ください。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

相談票の記入

事務所へ訪問する前に相談票をダウンロードして頂き 相談票を記載した上で事務所へのご訪問下さい。
必ず本人確認ができる 公的な身分証明書をお持ちください。
呈示いただけない場合は、ご相談をお受けいたしかねますので、ご了承ください。

◆相談票のダウンロードは下記より取得下さい。
  FAXや持参の場合はPDFファイルを印刷し、ご記入ください。
   FAX  052-231-2602
  メールで送付の場合はエクセルファイルをご利用ください。
   アドレス  saimuseiri@nagoyasogo.jp

相談名 PDF エクセル
過払い金請求 PDF エクセル
債務整理 PDF エクセル
住宅ローン・不動産 PDF エクセル
上記以外の一般相談 PDF エクセル

各相談でお持ちいただきたいもの

過払い請求の相談
  • クレジットカード、サラ金カード
  • 借金に関する契約書、領収書、請求書等の手持ち書類
債務整理の相談
  • クレジットカード、サラ金カード
  • 借金に関する契約書、領収書、請求書等の手持ち書類
  • あなたが所有する不動産の登記簿謄本・預金通帳など
住宅ローン・不動産の相談 (住宅ローンなどの金銭の貸し借りに関する資料)
  • 借用書・住宅ローンなどの金銭消費貸借契約書お客様控え・償還表
  • 請求書・住宅ローン支払の請求書、催告書、期限の利益喪失通知書、債権の移転通知書など現在の状況が分かる資料
住宅ローン・不動産の相談 (土地・建物に関する資料)
  • 不動産 (土地・建物) の登記簿謄本 (地番がわかっていれば法務局で取ることができます)
  • 固定資産評価証明書 (市町村役場の固定資産税の係で取ることができます)
  • 不動産の場所がわかる公図 (法務局で取ることができます) と住宅地図
  • 土地や建物の写真など

(2)ご提案

相談風景

最適な方法をご提案させていただきます。

弁護士との初回相談では、現在の借金の状況を踏まえ、借金が増えた経緯、家計に占める借金の割合等もしっかりとお伺いし、問題解決のために 最適な方法をご提案させていただきます。

① 債務整理の場合
面談に際し、当事務所所定の用紙に住所・氏名・職業・家族状況・債務総額・債権者名・生活状況などを記載していただきます。

債務整理の方針として、どのような方針が適切であるかを検討いたします。また、返済予定金や弁護士費用について、分割払の額を取り決め、原則として毎月積立てていただきます。
② 土地建物の売却・競売の場合
面談に際し、当事務所所定の用紙に、住所・氏名・職業・生活状況・債務総額・債権者名・物件所在地などを記載していただきます。

任意売却・競売に関する疑問・質問にお答えします。
③ 過払い金返還請求の場合
過払金返還請求についての事件受任の場合も、来所して弁護士と面談しますが、面談なしでも受任できる場合がありますので、お問い合わせ下さい。

(3)貸金業者への連絡

貸金業者への連絡

直ちに取立てを止めさせます。

当弁護士法人と委任契約をした上で、当事務所弁護士名で、各債権者に受任内容を記載した 通知書を送付します。

場合によっては、通知書を送付する前に、相手方に電話連絡します。
貸金業者に対しては、最初からの取引履歴の開示を併せて求めます。
貸金業者に通知が届けば、取立ては止まります。

依頼者が現に取立てを受けているときは、電話・FAXで貸金業者に受任した旨を通知し、直ちに取立てを止めさせます。

(4)債務内容や物件の調査

書籍読み

正確な情報をお調べいたします。

貸金業者の場合は、過去の取引内容を10年以上前に遡って 利息制限法所定の利率で引直計算します。

場合によっては、通知書を送付する前に、相手方に電話連絡します。
貸金業者に対しては、最初からの取引履歴の開示を併せて求めます。

その他債務の存在や額について、不明な点や疑問点があれば、依頼者に問い合わせなどいたします。住宅ローンを含む不動産担保ローンについては、担保物件について 登記調査・現場調査・権利関係調査などします。

(5)依頼者との打ち合わせ・交渉と訴訟提起

依頼者との打ち合わせ・交渉と訴訟提起
① 個人再生申立や自己破産申立の場合
依頼者に来所していただき、 申立準備の打ち合わせをいたします。依頼者には申立添付する資料を準備していただきます。
② 任意整理の場合

任意整理については、面談での打ち合わせは、原則としてありません (電話かメールで対応できます)。

利息制限法で引き直し計算の上、債務額が確定したら、ご相談の上方針を最終決定します。貸金業者と和解交渉を行います。

但し、訴訟になるとか、交渉が行き詰ったときなどに、面談していただくことがあります。自己破産手続・個人再生手続に移行する場合には申立ての準備を開始します。
③ 過払い金返還請求の場合

過去の取引内容を10年以上前に遡って利息制限法で引き直し計算して、過払い金が発生している場合、原則として積極的に訴訟してできるだけ多くを回収します。

和解のご希望あるときは、和解交渉から入ります。

④ 不動産の任意売却の場合
売却条件などについて面談で打ち合わせを行います。
⑤ 競売の場合

競売で落札され買受人から明け渡しを求められたときは、明渡し時期や引越代の交渉をします。

この交渉は、債務整理事件を受任している場合は、無料で行います。

(6)解決

依頼者との打ち合わせ・交渉と訴訟提起
① 個人再生の場合

個人再生の場合、申立後、弁護士と一緒に再生委員との面接を受けます。再生計画が認可され、認可が確定すれば、返済が始まります。

当事務所に返済代行を依頼すれば、安心かつ便利です。住宅ローンは再生申立てにかかわらず約定のとおり返済することができますので、申立て前と同様に、申立て後もご自身で返済します。

② 自己破産の場合

自己破産の場合、同時廃止事件では、裁判所に最低一度は出頭します。破産管財人が選任される場合には、裁判所に出頭するほか、破産管財人との面談があります。

裁判所への出頭などは、当事務所弁護士が同行します。個人の破産者は、免責許可を得て、これが確定すれば、手続終了です。債務が無くなります。

③ 任意整理の場合

債務の減額、分割払いの交渉がまとまると、各債権者と債務弁済に関する和解書を取り交わします。

和解書などの示談結果報告書をお渡し、減額された債務の弁済ないし分割払いをすることになります。併せて、弁護士費用の確定を支払い方法について協議します。

なお、当事務所で返済代行することも可能です。

④ 過払い金返還請求の場合

貸金業者から過払い金を回収します。
判決、裁判所の和解調書、裁判外の和解書をお渡し、弁護士費用の精算を行います。
債務が無くなります。

月々の取り立てに追われることもなくなり、新たな生活のスタートです。

⑤ 不動産の任意売却の場合

売却条件について仲介業者・購入希望先と交渉し、出来る限り有利に売却します。債権者との交渉・売 買契約の締結、代金決済・所有権移転にて完了です。

但し、債務が残る場合には、債務整理を引き続きいたします。
不動産譲渡による所得税法の問題や、非課税措置が取れないかなどについて、税理士と協力して鋭意努力します。

⑥ 競売の場合
落札後の買受人から明渡し時に引越代を回収します。

名古屋総合法律事務所について詳しく!

■事務所案内 ■弁護士紹介 ■事務員紹介
■アクセス ■料金・費用 ■ブログ

 


事務所トピックス
お客様の声をご紹介しています(随時更新)
解決事例をご紹介しています(随時更新)
相談実績
相談票はこちら

名古屋総合法律事務所のご紹介

弁護士法人 名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階
相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

ご相談専用0120-758-352|TEL052-231-2601|FAX052-231-2602

対応マップ
より良いサービスのご提供のため、取扱案件の対応エリアは、下記の地域とその周辺地域に限定させていただきます。
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

Copyright ©弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All Rights Reserved
運営管理:弁護士法人 名古屋総合法律事務所 所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352

■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産
■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)